ちょっと掘ってみようかな。


by wakas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

完全なる年金制度とは。

Excite エキサイト : 社会ニュース
完全無欠の年金制度ってどんなものでしょうね。
現行制度に対しては少なからず不安、不満はあるものの、だからといって故意に未納期間をつくるほど制度を知らない訳でもない。

未納期間を継続中の方、くれぐれも怪我や病気にご注意を。(扶養家族がいる場合は特に)
28年以降も特例が延長されなければ、セーフティネットは生活保護のみ。
余程の財がある場合は別として年金給付とのバランスが問題視されている昨今、生活保護制度がどのように見直されるのかは不透明です。
年金に頼るまいとタンス預金を溜め込んでいたとしても、物価変動、災害のリスクは付きまといます。
欠陥だらけに思える年金制度でも、実際に潰れるリスクは私的年金の方が高い。
万が一の場合は、官僚、政治家があらゆる手段を使って制度を維持させようとするはず。
国庫負担を2/3、3/4に引き上げたり・・・きっと保身のためでしょうが。
現行の制度に根本的なメスが入らない限り、未納率の上昇に比例してその負担は保険料だけでなく税金で賄うことになる。
実際、国庫負担1/2への引き上げは3年後の消費税引き上げを踏まえて検討されている。(引き上げられない場合は特別会計から引っ張るらしいがその財源がいつまでもつかは不明)

世代間扶養という理想は確かに素晴らしい。
ただ、所詮は戦費調達の手段として作られた制度への後付けの意味でしかない。
戦後も厚生労働省内では将来の給付を無視した集金策としか考えていなかったのは事実。
年金制度として70年余りの歴史を経て、あちこちに疲労が見られるのも無理もないことなのかもしれない。

未だに給付水準の算定モデルは終身雇用のサラリーマンの夫、妻は40年間専業主婦。
サラリーマン家庭の共稼ぎの割合が50%を超えたと言われているのに・・・。
しかも前提の保険料納付率って免除の割合も含めた数字じゃなかったっけ。
確かにモノサシとして所得代替率などは明示された方がいいかもしれないが、かなりザックリ出された20年、30年後の給付水準に一喜一憂させられるのもどうなんだろう。
不確定要素満載の信頼できない数字を公表されても社会不安を煽るだけで無意味では。
20年、30年後に50%を割り込むならパートなど2号被保険者資格要件および適用事業所要件の引き下げ、なにより3号被保険者制度の見直しなど対策はいくらでもある。

原則、基礎年金しか受給できない1号被保険者世帯はモデル世帯を上回る給付を受けることはない。
3号被保険者はただ乗り。(2号が3号分も負担している訳でもないけれど給付は満額)
突っ込みどころ満載な制度な訳だけれど、それでも根本にメスをいれることができないのは、腹をくくった政治家、官僚がいないから。
霞ヶ関では責任だけが世代間でたらいまわし、結局将来の負担が増すだけ。
そして行き着く先は「全額税方式」なのかもしれない。
ただし、その移行措置など難題は山積でしょうね。
満額支給の要件緩和、税と保険料の徴収納付管理システム一元化もセットで検討が必要かと。
麻生さん、そろそろ腹くくりませんか。
[PR]
# by wakas | 2009-04-15 03:20 | 政治経済なツブヤキ

制度趣旨は?

Excite エキサイト : 社会ニュース

生活支援、でしょう。

受刑者の家族が対象になるのは理解できても、受刑者自身の生活支援をする必要があるのか。
健康保険の保険給付の対象からも外れているのに(一部を除く)。
仮に制度趣旨を減税目的としても無理がある。

後付けの目的だから整合性のとれない事例ばかりがでてくる。
高速料金1000円といい、まさにザル施策。

なにもしないよりはいいとはいうものの、腑に落ちないことばかり。
予算委員会で誰よりも詳しく制度の意義について熱弁を振るっていた公明党議員の方、再度説明を求む。
[PR]
# by wakas | 2009-04-02 03:19 | 政治経済なツブヤキ

本気のWBC

Excite エキサイト : コラムニュース

一部のコアな野球ファンの声と分かっていても、なんだかホッとする。
なぜなら、野球という競技では「世界」=「アメリカ」という現実があるから。
サッカーでいう世界とは異なる。
どうも日本だけでなく、韓国のメディアもそれを忘れたかのような報道っぷりが気になって仕方がないのだけれど。
それでも、日米野球なんていうまやかしではなく、日本のプロ野球選手がガチで世界と戦う
舞台ができたことが嬉しくて堪らない。
いや、堪らなかった・・・舞台裏を知るまでは。

まず、WBCの主催はMLBおよび選手会。
国際組織であるIBAFが開催するワールドカップとは異なる。
そして日本の興行権はNPBではなく、一メディアの読売新聞社。
んなあほな・・・。
真の世界一を決めるのであれば、ワールドカップと統合したら手っ取り早いだろうに、と思うもののそこは大人の事情が。

とはいえ、まだ2回目。
3回目に向けて出場国数の拡大を進めるらしい。
サッカーのワールカップも黎明期は課題が山積していたのだから、イベントの将来性としては楽しみではある。
が、いつまでも局地的(特に日韓)な盛り上がりだけでは、局地的な盛り上がりさえ長くは続かないだろう。
一過性で終わらせないためには、「世界」の盛り上がりが欠かせない。

幸か不幸か野球にとっての世界(MLBだけでなく正確にはNFL,NBAなども含め)は、一国で完結している。
そのため、ワールドシリーズに関心が集まることがあってもWBCはメジャーリーガーの国別オープン戦扱い。
確かにWBC参加選手の多くがメジャーリーガーであることを考えれば、どこが優勝してもさしてアメリカ国内に驚きはないだろう。
キューバやベネズエラが優勝し、元首がアメリカを刺激すれば少しは異なる展開もあるかもしれないが。
現実は、世界一を決めた国でさえMLBを目指す選手が続いているということ。
人材の一極集中化とでもいうべきか。
東京と田舎の関係みたいなものなのかもしれない。
アメリカにとってはMLBは世界の一流プレーヤーがおらが街のユニフォームに袖を通してプレーしている日常の世界。
この時期に、プレーヤーが普段と違うユニフォームに袖を通していようが、興味が湧かないのも無理はないのかもしれない。

確かに日本はWBC連覇を成し遂げた。
が、世界に冠たるメジャー選手の多くのプレーには驚嘆するほどのキレはあまり見られなった。
開催時期、ケガの補償に起因する特別ルール、オープン戦のような雰囲気など原因は様々だろう。
ただ、メジャー選手たちが本気でぶつかり合う姿を期待していただけに、複雑な心境でもある。

ふと思う。
参加国数が問題なのではなく、MLBと選手会が本気になればそれでいいのではないか、と。
彼らの本気度合いを量るのは、開催時期。
毎年開催されるオールスターゲームを4年に1度吹っ飛ばしてWBCを開催するようになれば、あらゆる意味で世界一を決める舞台といえるだろう。
そのためにオーナー連中と選手会が納得できるだけの旨味のある話がないと・・・カネですね。
放映権料と広告料、その他ライセンス料など、前年に予選を組み込むなど仕掛け次第では急騰必至かと。
WBCというコンテンツが利害関係者(MLB、選手会、スポンサー、メディア)にとってレギュラーシーズン1ヶ月分に見合う、もしくはそれ以上の実をつけると見込めれば・・・。


眠いので続きはいづれ・・・
[PR]
# by wakas | 2009-03-27 04:02 | スポーツなツブヤキ
Excite エキサイト : スポーツニュース

5回目、ですか。
日韓戦。
いろいろな意味で決勝の相手が韓国でよかった、と思える。
過剰なまでに対抗してくる相手だけに優勝を掛けた一戦は選手たちの緊張感が伝わってくるかのよう。
好敵手なくして名勝負はない。
名勝負の雰囲気にズルズルと引きずりこまれてしまった・・・。
残塁の山を重ねる日本に対して、土壇場で四球を足がかりに同点に持ち込んだ韓国はさすが。

驚いたのはイチロー選手が決定打を打った場面。
勝負を選んだバッテリーに「え??」、解説者も疑問を投げかけてました。
イチロー選手はその時点で5-3。
どうも韓国ベンチは敬遠を指示がバッテリーには正確に伝わっていなかったらしい。
ピッチャーはベンチに確認の視線を送っていたけれど。
これも勝負の文、なのか。
決定打の直後、ベンチでホッとしたかのようにうつむいたダルヴィッシュ投手が印象的だった。

ただ、外野が騒ぎすぎ。
緩慢プレーの目立った他国で、選手を吊るし上げるような批判は見られなかったような気がする。
どんな監督も万人を納得させられる采配ができる監督はいないと思う。
原監督。采配の是否、個人的な感情は別として、きっと調整力に秀でた方なんでしょうね。
松坂投手もコメントしたように国内での過剰とも思える盛り上がり、結局それが日韓(キューバ)と他の温度差。
それがWBCという野球世界一を決定する大会の現実。
それでも誰かが本気にならなければ、なにも変わらない。
その意味では日韓キューバの本気が次大会に繋がることを願わずにはいられない。

野球はもっと面白くなる、はず。
[PR]
# by wakas | 2009-03-24 22:45 | スポーツなツブヤキ