ちょっと掘ってみようかな。


by wakas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

違和感ありまくり。

Excite エキサイト : スポーツニュース

どうもネットの声には「科学技術」と「スポーツ」を聖域扱いにする方が多いようで。
補助金を「0」にするのではなく「削減」するということが、それほど非難を受けることとは思えない。

仕分けした人たちの発言内容には適切とはいえないものもあったかもしれないが、ほとんど揚げ足取りであり、枝葉末節。
確かに両分野とも早期に結果を求めにくい対象ではある。
しかし、補助金の原資である国庫はもはや国債頼みであり、昨今の経済情勢をみるに今後も歳入の減少は続くはず。
削減に反対する人たちはいつまで反対し続けられるのか。

両分野に対する補助金等の全額が研究開発や現場に流れている訳ではない、という事実。
この点は会見をされたノーベル賞受賞者の方も指摘されていました。
そしてなぜか会見という表舞台に出てくるのは現場の人間。
JOC、巧い演出というかあからさま過ぎるだろう。

そのJOC。
30人ほどもいる理事、役員たちの年俸額を公開しないのはなぜなのか。
会社役員や元首相もいますね、確か。
補助金が削減されたとしてもそのやりくりはトトやスポンサー収入もあるJOC内ですべきことであり、JOC程の肥大化した組織が補助金なくして成り立たないとは思えない。
補助金の有無に関わらず、マイナースポーツに対するJOCの援助が充分とはいえないだろう。
それは理事の面々を見れば分かる通り、JOC内での補助金の配分方法に問題があるだけではないのか。

科学技術分野とて同じこと。
中抜きを抜く、必要がある。
そしてもっと特許権に関心を持つべき。
仕組みを変えるなら、今しかない。

ただ、内田裕也の「てめーらが国会議員が・・・」というコメントは正論。
[PR]
by wakas | 2009-12-02 02:32 | スポーツなツブヤキ