ちょっと掘ってみようかな。


by wakas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2008年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

辞め時

Excite エキサイト : スポーツニュース

第2回WBCの代表監督に推す声もあった王監督。
王監督を推す人たちはきっとこの2年、パの野球を観ていないのだろう。

身体的不安、そして成績の面から2年前の休養時に勇退すべきだったと考える。
当人の希望、オーナーの思惑などあったかもしれないが。

闘病中の近親者がいないと想像できないこととは思うが、リンパにも転移し、胃を全摘されている身体で、心身の負担も大きい現場に復帰されること自体に無理がある。
状況は違えど病身であった仰木監督は記憶に新しいのではないか。

プレーオフ導入以降、優勝から遠ざかっているため、王監督には優勝をはなむけに勇退を、という流れがあったかと思う。
しかし、監督自身の采配には疑問をもつことも多かった。
チームそしてWBCでスモールベースボールを掲げながら失敗。
それでも戦績を残せたのは優秀なコーチ陣、選手らに支えられたことが大きいのではないか。

もちろん、ダイエー時代に好成績を残しても年俸の上がらない選手たちを公私に支えた話や、勝負に対しては非情に徹する人間性など、人を惹きつける魅力があればこそ、その下に人が集ったのだろう。
チーム、地域、そして未だ球界の求心力でもあった。

それだけに辞め時が難しい。


CS進出の可能性は少ないかもしれないが、選手の奮起を期待せずにはいられない。
空席が目立つドームがなんとも寂しい。
チームと地域の最大の貢献者をこのまま送り出していいものなのか。
[PR]
by wakas | 2008-09-23 17:34 | スポーツなツブヤキ

破綻へと続く道

Excite エキサイト : 経済ニュース

日本が債務国家であることは周知の事実だけれど、米国も然り。
数十兆単位の公的資金投入のニュースを目にする度に、その金はどこから出てくるんだという疑問。

イラク・アフガン戦費の出費も年数十兆。
それに加わる公的負担。
共に歳入で賄える範囲を超えているため、国債に頼らざるを得ないだろう。

そしてその国債の受け皿となるのが、日本、欧州、中国、中東産油国、ロシアなど。
実質、日本と欧州ぐらいか。

既に5大投資銀行のうち3行が破綻した金融国家。
ノンリコース、が意味するところを考えれば恐慌は始まったばかり。
底が見えない。

債務国が債務国を支える奇妙な図。
数百兆ともいわれる米国債を買わされている日本。
もち続けるのも、売るのも・・・。

高度な政治判断が求められるこの時期に、一党の総裁選挙だとか。
失笑。

ただ、選挙民として彼らを選んだ国民の認識も同レベルということ。

打つ手はないのか。
[PR]
by wakas | 2008-09-21 12:30 | 政治経済なツブヤキ

呉越同舟

Excite エキサイト : スポーツニュース

正直、いずれはあるだろうと思っていたものの、意外と早くてびっくり。

まず国技を名乗る競技が未だに過去に囚われ国内統一組織がない事実。
(全日本野球会議なるユルユル組織はあるが、オリンピック公式競技から外れたのだからNPBにとっては今後積極的に関わる意味がないだろう)
プロにも日本を代表して出場するWBCがある今となっては滑稽でしかない。

田沢問題、問題というべきことかどうかも疑問だが。
バレンタイン監督とほぼ同意見。

どうもNPBはまたもやその場しのぎの解決方法を探るようだが、それでは何も解決しない。
問題は観客だけでなく、選手にとっても日本野球よりメジャーが魅力的に見えているということ。
球界再編以後、遅々として進まぬドラフト制度、FA制度といった球界改革をすすめるべきだろう。
戦力の均衡を目指すのであれば、FA制度と指名権をリンクさせた完全ウェーバー制のドラフトの実施や、球団数を増加させた上でのプレーオフ制度の再検討、外国人枠の撤廃、職業コミッショナーの選任と権限付与など議論の余地はいくらでもある。
長年、鎖国状態であったNPBは今後世界を視野に入れた策を練らなければ、MLBの下部組織に成り下がるだろう。
日本の球団が北米の有力選手を指名しても当然のように拒否されるのではないか。
なぜか。

NPB内の問題とは別に、プロとアマという組織の問題もある。
サッカーのような垂直型の組織は、球界が世界を見据えた目標を掲げ、本気で実現しようとするのであれば必ず必要。
いつまでも組織間の主張がぶつかり合うだけでなく、組織内でも一部団体が発言力を持つようでは、大きな変革は期待できず人材の流出、競技としての地位も沈下してゆくだろう。

これは終わりの始まり、なのかもしれない。
[PR]
by wakas | 2008-09-12 22:50 | スポーツなツブヤキ