ちょっと掘ってみようかな。


by wakas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2006年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

会見内容

Excite エキサイト : スポーツニュース

とある放送でジーコ監督の会見の報道を見ていて腑に落ちなかったのでググる。
その放送では「日本は体格差で負けた」「日本の選手だけが試合後アイシングをしている」など、自分の責任を放棄したとも受け取れる内容にまとめられていたが・・・。

スポーツコミュニケーションズ

監督職である以上、結果に対する責任は問われるものとも思う。
ただ、「名選手名監督にあらず」という結論に囚われず、ジーコ監督の残したメッセージに冷静に耳を傾けてみることも必要ではないだろうか。
[PR]
by wakas | 2006-06-27 10:27 | スポーツなツブヤキ

オシム監督はデカイ

Excite エキサイト : スポーツニュース

192cm?
かなり長身なんですね、知りませんでした。
猫背の印象が濃いんです。

さておき、代表監督就任が決定事項のようなのですが、本当に?
確か心臓に持病をお持ちで、千葉の監督契約更新の際にも少し話題になったような気がするのですが。
長距離移動の多い代表監督就任となると年齢以上に、健康上の問題の方が気になります。
クロアチアを始め、旧ユーゴ諸国からもラブコールがあるようです。

ただ、クロアチアのテレビで日本サッカーにおける代表の存在意義についてのコメントを聞いていると、素人ながらに「さすが・・・」と唸ってしまった。
代表監督就任に際して、「日本人代表監督の育成」までも考慮しているのだとか。
本当だとしたら、それって協会が考えることだと思うんだけれど・・・なんとも心許ない。

ネット上ではジーコ前監督への批判が渦巻いていますが、なんとも。
ただ、順番だけで考えると「トルシエ→オシム→ジーコ」だったらジーコ前監督の評価も変わっていたのかもしれない。
[PR]
by wakas | 2006-06-27 01:24 | スポーツなツブヤキ
Excite エキサイト : スポーツニュース

確かにこのシーン覚えています。
リプレイでボールではなく思い切り足にスライティングしていたから。
でも抗議らしい抗議もなかったので、まぁそんなもんだろうと。

ただ、改めてFIFA広報部長の公式?コメントとして指摘されると困ってしまう。
このケーヒル、後半24分には「1枚目」の警告を受けています。
仮に問題の場面で「2枚目」の警告が出ていたら累積「退場」。
やっかいなことに彼はオーストラリアの追加点に絡んでます。

2点目、自ら得点。
3点目、アシスト。

ということは、ゲームの結果を左右する誤審だったということをFIFAが認めてしまった。
今更認められてもどこぞの野球チームみたいに再試合を要求できるはずもなく。
モヤモヤするだけなんですが・・・。

そんなことなら日本がさっさと追加点を獲っておけばよかった、ということに落ち着きそうなので、クロアチア戦を楽しみにしてみましょう。
[PR]
by wakas | 2006-06-15 20:54 | スポーツなツブヤキ

アジア枠4or4.5

Excite エキサイト : スポーツニュース

AFCにオーストラリアが加盟したのだから次回W杯の出場枠が減ることはないと思うものの・・・。
減らされないよう実績を残すためにも日本を含めたアジア勢には1国でも多くグループリーグは突破してほしいところ。
今のところ韓国のみが勝点3、とはいえ残りはフランスとスイス。
うーん、どうでしょう。

しかし、韓国×トーゴ戦。
ロスタイムのボール回しを見ていて、韓国の強さを感じてしまいました。
[PR]
by wakas | 2006-06-14 09:23 | スポーツなツブヤキ

勝ち点3?

Excite エキサイト : スポーツニュース

やはり「4」はないと決勝トーナメント進出は難しい訳で。
となると、クロアチアかブラジルに負けた時点でグループリーグ敗退決定。
得失点を考えると負けるにしても3点目が余分だったかな。

ハーフタイム中の岡田さんの「不安」が的中してしまったようで。
芝は長いままだったんでしょうか、ミスが多かったようですが。
結果を批評するのは簡単なんですが、個人的にはクロアチア戦に興味が・・・。
あ、ブラジル×クロアチア戦です。
日本が負けたことで、両チームは(特にクロアチア)負けなければいい、という選択肢が大きくなったのかもしれない。
初戦、王者ブラジルでもクロアチアは楽な相手ではないと思うのですが。
本気のブラジル×崖っぷち日本戦も観てみたい気がします。

もちろん、日本にはグループリーグを突破してほしいですね。
勝てば官軍、きっと「ジーコは名将」にされてしまうでしょう。
ジーコの次を語るにはまだ早い。

その前に韓国戦もいろんな意味で興味津々です。
アジア3連敗は・・・。

いや、ワールドカップって面白い。

次回アジア予選は厳しくなるなぁ・・・。
[PR]
by wakas | 2006-06-13 12:23 | スポーツなツブヤキ

枝葉ではなく幹を診る

Excite エキサイト : 政治ニュース

ちょっと前に世間を騒がせた国民年金保険料の不正免除問題(既に沈静化?)について思うところを少々。

どうも野党はこの問題を追及したいようですが、どうなんでしょう。
もちろん誤った手段をとった関係者の責任は責められるべきものだとは思いますが、問題はそこなのか。
保険料納付率を上げるために(庁内改革も含む)村瀬長官が執った手段は間違ってはいないのではないかと。
この問題は「枝葉」に過ぎないのではないでしょうか。

どこかの社会保険事務所職員が官庁に自分達の仕事にノルマはそぐわない云々という抗議文を送ったというらしいですが、何を寝ぼけたことを・・・。
庁内の職員が保険料納付率の低下の意味を理解していない証拠でしょう。
数字の低下は今年になって始まったことではない。
そう考えればどこに原因があるのかは容易に想像がつくはず。
長官がどんなに号令をかけても、組織としては末期症状ですね。

この問題の「幹」は、崩壊しかけた年金制度を無理にでも維持しようし続けていること、でしょう。
出生率を読み誤りつづけているに関わらず、世代間扶助に固執した制度がいずれ破綻するのは目に見えています。
今後この制度を維持するには、更なる「給付水準の引き下げ」か「保険料率の引き上げ」もしくは両方を施策として検討せざるを得ないでしょう。
まして、国庫負担。
800兆円の借金大国が2、30年後どうなっているのか。
不安を持たざるを得ない。
新たな制度設計を検討すべきです。

という訳で、自民党の河野太郎さんがこんなことを考えているようです。

社保庁、要りませんね。
[PR]
by wakas | 2006-06-08 22:51 | 政治経済なツブヤキ

1007

c0039730_20521984.jpg



テールが好きです。
両サイドがスライドドアというのも面白い。
フロントに慣れるにはまだ時間がかかるかなぁ。
c0039730_20515868.jpg



トヨタ、シトロエンと車台共通化されたかと。
中身の違いが気になります。
[PR]
by wakas | 2006-06-07 21:00 | プジョーなツブヤキ