ちょっと掘ってみようかな。


by wakas
カレンダー

<   2005年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

トラトラトラ

Excite エキサイト : スポーツニュース
どうしたトラ?

プレーオフから観ている人は物足りなさを感じているのではないでしょうか。
私もその一人です。

マリーンズの強さが本物なのか。
タイガースの眠りが本物なのか。

いずれにしても気になるのは、タイガース岡田監督の判断力の鈍り。
投手を引っ張りすぎ、捕手を引っ張りすぎ。
特に3試合マスクを被り、連続二桁失点の矢野捕手の責任は重い。
バッティング好調なのかもしれないが、失点がなければ負けない。
明日のマスクを誰が被るのか、密かに注目しています。

それにしても、福浦はいいバッターになりましたね。
私の「やきゅつく」上では「2番」が指定席です。
サブローもいい。
特にサブローの出だしの頃は、イチローのパクリ(ネーミングが)としてしか見てなかったんですが、いつの間にか3割バッター。
きっと高畠元打撃コーチ喜んでみえるでしょう。
サブローはこのシリーズで今ひとつ波に乗り切れていないようですが、福浦から修正指導受けているんだろうか。
高畠さんから福浦にフォームチェック受けるように念押しされてるはずなんだけど・・・。
[PR]
by wakas | 2005-10-25 22:14 | スポーツなツブヤキ

梅酒熟成中

c0039730_0191088.jpg

4ヶ月前から比べると、なかなか良い色になってきました。
左が黒糖、右が麦。

ただ、味が怖くて空けられない。
当分先になりそうです・・・
[PR]
by wakas | 2005-10-21 00:17

頑固親父の執念勝ち

Excite エキサイト : スポーツニュース

すいません。
終盤は何も手につきませんでした。
すごい、本当にすごい、死闘とはこの試合のことをいうのでしょう。
野球好きにはたまりません。

序盤を観ていたら今日はホークスだな、ワンサイドかも。
などという考えが頭を過ぎってしまいましたが、とんでもない。
セラフィニが立ち直り、マリーンズも杉内から1点を奪取。
これはまた接戦です。

勝負の分岐点は
吉武の登板でしょうか。
異様な空間での4戦から連投疲れか球のキレがなかったですね。
結果的に同点にはなりませんでしたが、西岡の左直にマリーンズに勝利の女神が迷っているのを感じました。ボールを捕らえていましたね。
さらに7回裏2死2塁でのホークス川崎の強烈なセカンド横へのゴロを、シーズン初登場の早坂が好捕した場面で流れが確実にマリーンズに変わりましたね。
この流れは三瀬も止めることができず、里崎の逆転中越打に繋がります。
8回表無死1,2塁でサブローを迎えた場面ではノムさんがサブローのファールフライにキレてました。(笑)
「ここは送りバントでしょ」などバレンタイン監督の采配もバッサリ。
ノムさんのボヤキは的場のリードにも。
「(配球の)理由が分からん、だから(コメント)しようがない」
やっぱり捕手の解説はおもしろい。

ただ、8、9回のマリーンズ薮田、小林雅も本調子とはいえず、ホークスが流れを引き戻すのでは、とも思ったんですがギリギリのところで踏ん張りましたね。
正直、薮田か久保を抑えに回すのかと思っていたのですが、バレンタイン監督、なかなかの頑固親父です。(笑)
1球1球にこんなに引き込まれた試合は、ありません。
まさに雌雄を決するに相応しい試合でした。

今回の2Sは両チームの投手陣の踏ん張り、打撃陣の粘りもあり、本当に接戦続きの素晴らしい試合ばかりでした。
初めてテレビでパの試合を観た人の中にも、知らないうちに試合の中に引き込まれていた人もいたのではないでしょうか。

賛否分かれるプレーオフですが、開催に反対される方は少ないのでは?
修正できる点は来季は修正し、より魅力のあるパ・リーグの野球を楽しませて欲しいですね。
18日の朝日新聞朝刊に「シーズン1位には自動的にプレーオフ1勝を付与しては」という提言がありました。
プレーオフ出場にゲーム差による条件付も必要かもしれません。
今回、ホークスにはプレーオフまでに2週間近いブランクがありました、この点も改善が必要でしょう。
出来ることからこつこつと、です。

週末からはいよいよ日本シリーズ。
解説者・・・だれでしょう。
パの解説ができる人って多くないんですよね。
テレ朝は東尾、福本、有田、上田(サンテレビ)などと結構人材は豊富。
日テレは・・・ダメだ、巨人要員と川藤では。
そもそも放送するんだろうか。
[PR]
by wakas | 2005-10-18 00:47 | スポーツなツブヤキ
Excite エキサイト : 政治ニュース
この話題はきっと今後も解決することはないので、都度ツラツラ書き加えていきたいと思います。

私の考えとしては、首相が戦没者に哀悼の意を示す姿勢には反対する余地もないことですが、靖国神社参拝には「反対」。
理由は「アジア外交の重要性」と「憲法判断」、「宗教法人靖国神社の性格」が主な理由です。
そもそもは「なんで小泉首相は靖国にこだわるのか?靖国でなければいけないのか?」というのが出発点。


アジア外交の重要性は、中韓に限った関係ではなく、ASEAN諸国も含みます。
感情論ではなく、客観的に日本とアジアの関係を見つめてみると経済を軸にもはや切り離せないほど密接です。スーパーで商品の値段を眺めていれば気付きます。
が、小泉首相は周知の通り米偏重主義。
「靖国神社参拝」を特に中韓に対しては対等に渡り合うための「外交カード」として利用している帰来があります。
土下座外交が良いとは思いませんが、首相の国益を犯すような判断により不利益を受けるのは在留邦人・法人です。
「私人の行為」で逆に得られるものは?
こんなことを公約にする前に、竹島、ガス田問題の方が国益に密接にリンクしているだろうに。

憲法判断では違憲判決は出ていないものの、このところ高裁レベルでも「違憲判断」が出ています。
「違憲とは思わない」と言っていた首相も、今回は徹底的に「私人」ぽく振舞ったようですね。
「判決」ではなく、なぜ「判断」なのか。
それは裁判官の良識(抵抗)でしょう。
主文による判決にしてしまうと、上告され最高裁の判断によるところとなります。
最高裁の裁判官は内閣が指名しているため、首相に不利な判断をする可能性は低い。
結局、裁判所が判決を下さないためうやむやに・・・。
「グレー」な司法判断を自覚しているなら、内閣の長としていらんことせんでよし。
議員バッジをつけたままの参拝が私人なのか?


宗教法人靖国神社の性格。
一度訪れてみたいのですが、これが一番の問題でしょうね。
首相が参拝する一宗教法人としては、その適格性に疑問を持ちます。
主な疑問は、靖国神社が持つ思想(主張というべきかもしれない)と手法です。
靖国神社の中でも足を運んでみたいのはここ
おおよそ英霊を祀る場所としては似つかわしくない。
また、合祀の方法は厚生労働省から戦没者名簿を入手し、本人、遺族の意思と関わり無くなされるものです。(一旦合祀されると分祀されることはない)
例えばクリスチャンであっても強制的に合祀されている方もいらっしゃる訳であり、宗教上もその判断には違和感を感じざるを得ない。
千鳥ヶ淵では慰霊は、仏式、キリスト教式、神式とそれぞれが信じる方法でなされているだけに尚更です。

参拝反対の理由に、「A級戦犯の合祀」をよく耳にしますが、私にとってそれは論点ではない。
(彼らの合祀に至る経緯については違和感がありますが)
あちこちのブログで説明されている通り、「A、B、C」は「罪の軽重」ではなく、「罪の分類」です。
「A級戦犯」でググると関連記事がでてきて読み応えがありますよ。
以前、ローカル番組で首相らの靖国参拝に反対する中国人留学生を集めて「A級の意味」を尋ねたところ、応えられる人は皆無でした。
「A級=一番悪い人」というラベルが国の内外で一般化しているもの思われます。
そんな犯罪人が祀られているところに参拝しにいくのか、そんなことは許せない、と。
本当の意味を調べてみると、この点を理由とする方の考えも変わるかもしれない。
ただ、個人的な考えとして「罪の分類」ではあるものの、「当時の国政における責任の軽重」との関わりはあるように思います。
これに触れると「極東国際軍事裁判の正当性」や「聖域である戦争責任」まで問わないといけなくなるので、また改めます。


未だに圧力団体として政界に影響力を保っている財団法人日本遺族会との関係も気になります。
「特別弔慰金」はいつまで支払われつづけるのかなど。

(また改めて加筆予定)
[PR]
by wakas | 2005-10-17 18:30 | 政治経済なツブヤキ

逆王手

ネットのあちこちで見られる「逆王手」という言葉。

なんだか違和感があったので、少しだけ考えてみました。
「逆王手」ということこは、既に王手を指されている状態な訳ですよね。
・・・ということは?

「逆王手している方が負けます」

ニュアンスは分かるんですが、言葉っておもしろいですね。
言葉としては「リーチ」の方がぴったりのような気がしますが、なんかしっくりこない。(笑)
実際の勝負事は、言葉通りにはなるとは限らないからおもしろいんですけどね。
[PR]
by wakas | 2005-10-17 13:26 | きままなツブヤキ
Excite エキサイト : スポーツニュース
観てみたい気もする。
ただ、制度上は球団主導のポスティング以外は不可。
松坂の今年の契約内容は分からないけれど、移籍の条件となる数値目標を設定していたのだろうか。
球団は今季の成績次第という立場のようですが、負け数の多さを慰留理由にするでしょうね。
今日のノムさんのいう「エースたる者、0-1で負けようとも己の責任」という観方をすると松坂には納得のいかない負け数でしょう。
ただ、負け数の内容を見ると、評価も変わるのかもしれませんが。
松坂の主張する、防御率と西口と二本柱でローテを守ったことは確かに評価できます。
どのような契約だったのか、気になります。
まさか口約束?

松坂が移籍すると西武の戦力低下(二桁投手が抜ける)はもちろん、他球団にも興行面で少なからず影響が出るでしょうね。
特に、清原入団が濃厚なオリックス。
「松坂対清原」を看板に見込んでいるはず。
切実ですね。
清原に松坂の説得にあたらせるとか・・・まさかね。(笑)

本人はもちろん。
取り巻く周囲も来春まで落ち着かないかもしれません。

上原も揉めそうな雰囲気ですが、彼の場合は最初からエンゼルスに行くべきでしたね。
[PR]
by wakas | 2005-10-17 03:02 | スポーツなツブヤキ

明日はいよいよ天王山。

Excite エキサイト : スポーツニュース

打撃戦の予想が外れ投手戦。
遂に5戦にもつれ込みます。
数々の難があるプレーオフですが、最後の最後で見応えのある1戦が待ち受けています。

マリーンズは負けはしたものの、連投続きの中継ぎ陣を温存することが出来ました。
小林宏も後半は立ち直って締まった試合を作り、結果的にズレータのホームランしか許していない。
ホークスは3戦の勝利から打線が波に乗るかと思いきや、いまいち乗り切れていない。
逆にホークスの投手陣は中継ぎを中心に復調気味。
明日は杉内とセラフィニから中継ぎは総動員でしょう。
1本のホームランがゲームを左右するかもしれません。
有利なのズレータが復調したホークスか。
それとも・・・。
マリーンズは小坂の抜けた穴が大きいですね。
今日は2番堀のままよかった気がします。
いずれにしても対戦成績は12勝12敗、ドームでの対戦も5勝5敗。
そしてプレーオフも2勝2敗。
明日はまさにシーズン最後の決戦です。

フリオといえば、フランコ。(第一次バレンタイン監督時代の)
来年も現役なのでしょうか。(笑)


以前から気になっていることが一つ。
それは、ホークスファンの決して良いとはいえない応援マナーです。
マリーンズと対戦しているだけに際立ちます。
3回戦でのグランドへの投げ込み。(全国放送でなくて良かった)
今回もバレンタイン監督の抗議に対する「帰れ」コール。
福岡に行くとドームに足をよく伸ばすのですが、野球人気の低下が危惧される中、ホークスの地域密着度の高さは本当に素晴らしい。
球団の営業努力の賜物です。
熱心なファンが多い反面、熱心なあまり方向を誤ってしまうこともあるようです。
先日も、「スーパーボックス」で観戦中の家族がいたのですが、小学生の子供の野次が周囲を不快にさせる程ひどいものでした。相手チームの選手の人格を踏みにじるような罵声を叫び続けるのに、父親と思われる大人は笑うばかりで注意することもありませんでした。
一部のファンの行為ですが、出来れば目にしたくないものばかりです。

どちらのチームが甲子園にいこうとも、阪神ファンにパ・ファンのマナーの良さを見せ付けてきて欲しいものです。
[PR]
by wakas | 2005-10-16 22:09 | スポーツなツブヤキ
Excite エキサイト : スポーツニュース

いよいよです。

1回表ロッテはベニーの中前打で先制。
肩に不安のある和田の球数が35球を越えていることが不安材料。
コントロールもばらつきを感じます。
微妙な判定はありますが、早打ちムダ振りをしないマリーンズ、本当に強いです。
恐らく「待球」の指示がでているのでしょう。
うーむ、いつの間にこんな試合巧者に・・・(笑)

今日はホークスの継投が勝敗を決めるでしょう。
今日は一転打撃戦の予感。

という訳でちょっと外出。
[PR]
by wakas | 2005-10-16 18:34 | スポーツなツブヤキ

いよいよ始まりましたね

Excite エキサイト : スポーツニュース

今日はヤフーBB会員限定ネット放送にて観戦中。
なんとドーム内の30台のカメラを自分で選択できるという優れもの。

先発新垣の立ち上がりは・・・飛ばしすぎ?
ストレートの威力、変化球の切れ味が素晴らしいです。
ただ、杉内・斉藤も緊張による疲れからか中盤にリズムを崩しました。
これからの投球が気になるところです。

対するサブマリン。
解説の斉藤明夫氏はいつもどおり、とおっしゃってましたが私には緊張してる風に見えます。
コントロールも若干乱れがちのような気がします。
さぁ、どうなるんでしょう。

数字の上ではサブマリンが優位。
ただ、杉内、斉藤の結果を見て分かるように投げてみないと分かりません。
ホークスとしては、川崎・稲嶺(個人的には打順は9番が良かった)でサブマリンのリズムを崩したいところ。

さぁ、どうなるのか、楽しみましょう。

おっと新垣。
ランナーを出した途端、リズムが崩れましたね。
浮き球が目立ちます。
ここでの失点は最小に抑えたいところ。
ホークスはホームラン狙いではなく、出塁で攻めたいですね。
まさにマリーンズの攻撃が手本です。

ただ今6回の裏を終えたところで、マリーンズ2点リード。
サブマリン、新垣とも球数は100球に近い頃かと思われます。
どうやら勝負は次の投手のようです。
マリーンズは藤田・高木を挟むのか。そのまま薮田、小林雅へとつなぐのか。
ホークスは立ち直った新垣をどこまでひっぱるのか。
三瀬かフェリシアーノか、やはり吉武か。
両監督の采配に注目です。
ホークスの打者はホームランを捨てないと・・・

遂に最終回。
最後の最後で小林雅が崩れつつあります。
川崎が大振りしなかったのがよかったですね。
つなぐ野球がどこまで繋がるのか。
抑えきれるのか小林雅。
運命の松中まであと1人・・・さぁどうなる。

最後の最後で最大の山場。
なんと押し出し四球とは。
これも優勝へのプレッシャーか。
これで勝負は振り出しです。
マリーンズにとってはこのゲームを落とすと2Sの流れを変えることになりかねない。
同点でもホークスの勝利と見做されるため、勝ち越すしかありません。
ただ、ホークスのオーダーは半分が交代しています。
マリーンズは小林雅の後を誰に繋ぐのか。
久保か、藤田か。
また監督の悩みどころですね。

ここにきてマリーンズの選手が緊張でこわばっています。
どうなる、どうなる、どうなる??

これをテレビで観れないというのは・・・どういうことよ。
その理由はこちらに。
確かに2,500万+αのコストで視聴率が一桁というのは、放送局としては二の足を踏むよなぁ・・・

-----------------------------------------------------------
ゲームセット。
まさに劇的。
プレーオフ、最高ですね。
細切れのネット放送が恨めしい・・・

最後の最後でバッティングが点から線になったホークス。
流れは変わったか。
松中に明日当たりが戻れば、本当にわかりませんね。

明日の先発はマリーンズ小林宏とホークス和田でしょう。
和田は肩に違和感があるとのこと、影響が気になります。
マリーンズは継投を変えるのか。
薮田以外はホークスにのまれていました。
バレンタイン監督の采配が楽しみです。

明日からはいよいよテレ東が地上波初放送。
ウハウハなのはテレ東か待ち焦がれた野球ファンか。
[PR]
by wakas | 2005-10-15 18:26 | スポーツなツブヤキ
シノ・SHINO 『FIGHTER PROFILE』

CMを観る度に、なにしてんだジャッキー、と気になってました。
ダンスダンスレボリューションの続編でも出てきたのかと。

なるほど、体感型ゲームで楽しみながら痩せられる訳ですね。
かなり前に、体感型競馬ゲームをやって激しく息を切らした覚えがあります。
テレビなしでもプレイできる設計だったらもっとよかったかも。
最近、お腹が気になってきてるんですよね。
激しい運動もすることがなくなったし、なにかをせねば、と焦り気味の日々です。
でも家にあればはまりそう。
先ずは相方に送りつけるな、きっと。(笑)


今回はずばり「豪華」景品に釣られてTBです。
「減りやすそう」なウェイトと生活をされてる方は・・・SHINOさんかなぁ?
正直言ってわからん。
既にがたいが出来上がってるらしいのが気になります。
うーん・・・ま、いいか。
気軽な気持ちで応援してますよ。
[PR]
by wakas | 2005-10-14 18:50 | きままなツブヤキ