ちょっと掘ってみようかな。


by wakas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:政治経済なツブヤキ( 45 )

いまさらなんですが、思い出したことを少しだけ。

見事に当選された鈴木宗男氏。

ご本人は受託収賄罪の判決確定を待つ身なんですね。
このような状況でなぜ立候補し、なぜ当選してしまったのか。
不思議です。
控訴棄却の場合は「有罪確定」なんですが、自動的に失職するんでしょうか。
それとも辞職勧告決議の採択待ちになるんでしょうか。

と、思っていたら「選挙運動を支える女たち」と題して鈴木氏の長女が取り上げられていた。
カナダ留学帰りの19歳らしい。
マイクを握って堂々の応援演説。
ほぅ、この親にして・・・胆の据わった子供だな、と感心していたところ、どうも話がきな臭くなってきた。

未成年が選挙運動するのは公選法違反らしい。
おいおい、どうもこの家族は「法律」に関して鈍いのか。
大らかな土地柄だからでしょうか。
[PR]
by wakas | 2005-09-13 21:13 | 政治経済なツブヤキ

振り返り。

Excite エキサイト : 政治ニュース
ふるさとはやはり保守王国だった。
子供の頃から選挙のたびに大人たちが地縁血縁で投票する姿に疑問を持っていた。
残念なことにその傾向は未だに変わる様子がない。
特に50代以上の世代に名残を感じる。

また変わらなかった。
これからも変わらないのか。
自ら政策を知ろうとはしない。
○○さんの知り合いだから、△△の出だから、いい人に決まっている。
それが彼ら、彼女らの投票の基準。

小選挙区、確かに我々の前に立つ候補者は個人だが、議員になった途端「政党」の中に埋没してしまう。
政党の中で何ができるというのか。
マニフェストを採用して以来、個人の政策プランを具体的な数字を挙げて訴えられる候補者は皆無。
大部分はマニフェストの代弁者でしかない。
そして4年後、また選挙区に立つ候補者たち。
あなたたちは、個人として何をしたんですか?
その候補者たちを応援する人たちは、検証という言葉を知らない。
声を枯らし、時には涙を浮かべ、「助けてください」と頭を下げる候補者を温かい拍手で励ます。その繰り返しが未だに続く。

党内の政争とはいえ、本部と支部がネジレた今回の選挙。
反発した支部がしていることは、非難の対象であるはずの小泉首相のそれとなんら変わりがない。その愚かさに気付かない支部と支持者たち。
そして当選した途端、郵政民営化への態度は支持者と相談して決めたいと笑うマドンナ候補者。
ドッと受ける支持者たち。

これが岐阜なんです。
[PR]
by wakas | 2005-09-12 03:16 | 政治経済なツブヤキ

郵政民営化法案成立後

Excite エキサイト : 政治ニュース
今回、自民に投票した人たちが後悔しないことを祈るのみです。

まずは議員年金と議員定数削減してほしい。
[PR]
by wakas | 2005-09-11 23:42 | 政治経済なツブヤキ

どうする公明党

Excite エキサイト : 政治ニュース
自民大勝、民主惨敗 与党3百超で首相続投
正直、唖然としています。
自民の単独過半数の勢いですか。
公明の選挙協力があったとはいえ、これほどまでとは。
本当にこれでいいのか?

私は今回、小選挙区・比例区とも「民主」にしました。
各党を政策別に比較したとき、自分の考えに近く、自民の対抗できる規模をもちえるの党が他になかったからです。

結果的には、今後4年間は自民はやりたい放題な訳です。
また深夜国会で野党の牛歩を観る事になるんでしょうか。
「郵政民営化賛否」に釣られてしまった有権者が多かったということでしょう。
今後、4年間の自公の関係も気になるところです。
方向性にズレが生じても、自民は無理に妥協する必要はありませんから。
今回無所属で出馬し当選した候補者たち。
彼らは郵政民営化法案が成立後、離党せず何事もなかったかのように居座り続けるのでしょうか。

年金、外交、財政再建等。
今後の4年間で、この国の将来を左右する判断を待つ問題は山積みです。
待ったなし。
その判断を彼(小泉首相)に任せることになるとは・・・。
的を得ない答弁に終始する姿がフラッシュバックしてきます。

不安です。
もう後戻りはできない。

ただし、次の衆院戦は自民大敗、かもしれませんね。
[PR]
by wakas | 2005-09-11 20:57 | 政治経済なツブヤキ

SHINOBIはどうなる?

Excite エキサイト : 芸能ニュース
以前にも映画ファンド「SHINOBI」(今秋公開)があったときは迷いました。
半分は映画ファンドという物珍しさ、残りは投資対象としての作品の妥当性。
エンドロールに出資者の名前が流れるという特典にも心惹かれるものが・・・
ただ、キャスティングはよしとしても、「忍者」というネタにかなり不安を感じて断念した覚えがあります。
最近、映画館でも宣伝活動が本格的になっており告知も観ましたが、「うーん・・・」判断は正しかったかもしれません。
ただ、海外というマーケットには可能性があるような気がします。

今回のシネマ信託は1口5万からとお手軽。
さて、どうなることやら。
[PR]
by wakas | 2005-09-07 21:29 | 政治経済なツブヤキ

迷うなぁ

Excite エキサイト : 政治ニュース
今回の選挙。

流れは自民党に向きつつあるようですが、いいのかな?
現時点の私の考えは、郵政民営化○・小泉首相×。
民主党が民営化の舟に乗っかってればよかった。
それなら他の政策論争にならざるを得ない・・・最初から選挙になってないですけどね。

「民営化後」の仔細には与野党ともに問題があると思うけれども、機会を逃すべきではないし民営化に反対する人達の「全国配達ネットワークが維持できない(地方の郵便局の統廃合に反対)」という意見にも説得力を感じない。
自民党案の「基金」には妥協を感じる。
異業種同業種との提携はもちろん、地方の「シルバー人材」を活用したり委託・嘱託等、維持するための前向きな方策を練るべき。
考えてみれば「なにか」はでてくるはずです。

郵便事業はいずれ間違いなくジリ貧になるでしょう。
それは時代の流れ。
音声通話が固定電話から携帯に移り変わるように、郵便からメールという新たな流れがあるのは明らか。
今後の郵便事業の柱は競争の激しい物流事業になるでしょう。
仮に公社で存続しても、中途半端に法律で縛られ(守られ)ていては変化には対応できない、今のままでは物流会社としても中途半端。
公明党の方が海外と提携を・・・と提言されてましたが、今や世界の物流業界で郵政公社が対等に提携交渉をできるのは中位グループしかありません。
ドイツポストからは買収の対象と見られているとか。
事業の将来像を練り直す必要があります。

郵貯・簡保事業は国の借金(国債)増加の片棒を担ぐのが主な目的になっています。
民営化後ハゲタカファンドによる買収の心配があるらしいですが、こんなリスクのある事業会社に首を突っ込むメリットを探せるのか疑問。

事業会社化・民営化して考えられるデメリット・リスクにはまったく解決策はないのでしょうか。
前、を向いて考えれば解決策は見付かるでしょう。
民営化は不可避です。

ただ、小泉さんを支持している訳ではないんです。
道路公団改革ではなぜ妥協したのか。
在任中は消費税は上げないのはなぜ?
財政再建、年金問題、対米外交等疑問がいっぱいです。
特に、在任中は・・・という発言は国のトップとしての発言ではない。
先延ばしにするほど、彼らの次の世代、私たちの世代の負担が増えるだけ。
その時責任を取るのは誰ですか。

特殊法人、政府系金融機関、財投などの実態・隠れた不良債権を明らかにし、本当の痛みを伴う改革を断行するリーダーシップを持った政治家が現れることを切望しています。

※政治生命ってなんですか。いくつもあるものなんでしょうか。
[PR]
by wakas | 2005-09-04 07:00 | 政治経済なツブヤキ

今更ですが

Excite エキサイト : 政治ニュース
自分の考えをツラツラと。

郵政民営化に反対する方々の理由は、法案自体への反対よりも小泉首相の政治手法への反対が大部分のようですね。
世間への遠慮でしょうか。
審議不足、民主主義の危機を叫ぶ自民党の方々。

でもね。
自民党ってそういう国会運営してきたでしょう。
審議不足を叫ぶ国民や野党の声を数の力で抑えてきた党、それが与党自民党ですよね。
満場一致の可決ばかりであれば、「牛歩」なんて生まれなかったでしょうし。
綿貫さんの誇らしげな新党結党理由を聞いていて、なんとなく思った次第です。

もちろん、「衆議院の解散」という政治手法への反発もあるようですが、それは憲法第7条または第69条の解釈から決して不可能ではないようです。
違憲だ!という話がどこからも出てこないのは、そんな理由からではないでしょうか。

本当はもっとツラツラ書き連ねたいんですが、また後日。
[PR]
by wakas | 2005-08-17 22:37 | 政治経済なツブヤキ

亡国のイージス

Excite エキサイト : 政治ニュース

映画を観た後に、このニュース。

ふと考える、「この国に守る価値はあるのか」と。
この国の為政者に「決断」ができるのか。
「郵政民営化」は政治生命を賭けるほどの事案なのか。
「先送り」のツケを払うのはどの世代なのか。

タヌキ親父でもいい、憎たらしいほどのふてぶてしさを持ち、「決断」ができる政治家が必要ではないのか。
その他大勢の政治家なんて、これ以上いらない。
[PR]
by wakas | 2005-08-02 11:34 | 政治経済なツブヤキ
Excite エキサイト : 社会ニュース
公安のお前がなにを・・・という声が多いようですが、発言内容の是非は別として発言に至る経緯を考えてみると異なる考え方が生まれるかもしれませんね。

通常、閣議後の会見は質疑応答がありますよね。
きっと産経以外の記者が取り上げたんでしょう、毎日とか。
警察官の不祥事が続いているのに、自らこの話題をふるのは・・・ないでしょう。
記者もその辺りを引っ掛けていたのかもしれませんが。
大臣としても聞かれたことに答えなければならないのと、普段叩かれているだけについつい調子に乗ってしまってリップサービスが過ぎたものと思われます。
最後に「我々も襟を正さねば・・・」などという発言もあったかもしれませんが、そこはカット。

それでこんな記事が出来上がり。

どうでしょう。
大外れとも思えないのですが。(笑)
[PR]
by wakas | 2005-07-19 19:26 | 政治経済なツブヤキ

無駄に

Excite エキサイト : 政治ニュース
多いんですよ、議員の数が。
いい加減ざっくり減らしちゃいましょうよ。
イギリスみたく対面式にしてお互いを監視し合ってくださいな。

かなり話が飛躍しちゃいましたね・・・
[PR]
by wakas | 2005-06-21 20:03 | 政治経済なツブヤキ