ちょっと掘ってみようかな。


by wakas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:まじめなツブヤキ( 25 )

適切な報道

Excite エキサイト : 社会ニュース
この種の報道は恐らくこれからも増えることでしょう。
某公団系のニュースしかりです。
どんどん粗探し化しつつありますね。
もちろん、それが建設的なものであれば良いと思います。

ただ、このところ連日報道される「オーバーラン情報」。
事故後、突然頻発し始めたかのようなイメージがあるかもしれませんが、それはマスコミが「ニュース」として取り上げ始めたからでしょう。
ヤフーの地震情報のように「全国オーバーラン情報」でも作ったらどうでしょう。
きっと毎日、どこかで起きてます。
事故の予兆としての面は否定はしませんが、「今更感」も感じます。

マスコミはJR社員一人一人の行動を追うのも結構ですが、その行動の「なぜ」を追って欲しいですね。
[PR]
by wakas | 2005-05-06 23:05 | まじめなツブヤキ
Excite エキサイト : 社会ニュース

このような事故の際、関係者を取材するマスコミの態度に思うこと。

「あなた方は正義なのか?」

このような時、現場をはじめトップまで会社を挙げて対応するもの。
それくらいは組織に属する一記者でも分かるはず。
「説明責任があるだろ」「謝罪しろ」などと恫喝する記者たち。
彼らが報道したいのは「涙に咽び謝罪する関係者の姿」なのだろうか。

彼らのうち何人の記者が、この事故を最後まで伝えきるというのだろう。
私たちが知りたいことを伝えてくれるのだろう。
[PR]
by wakas | 2005-04-25 22:40 | まじめなツブヤキ

おかしいでしょう・・・

Excite エキサイト : 社会ニュース
詳細を知ったのが夕刊を読んで、でした。
事故現場の掲載写真を見ると言葉を失います。
亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

ただ、掲載写真の一枚をみて違和感を感じました。
野次馬越しに現場を写したその写真には・・・
現場を写メで撮ろうとしている人の手が写りこんでいます。
どうなんでしょう、この人の感覚。
撮ってどうするつもりなんでしょう。

よく利用していた電車の事故だけに気になって仕方ありません。
それだけにこの掲載写真にはなんともいえない感情を覚えました。
悲しいですね。
[PR]
by wakas | 2005-04-25 19:42 | まじめなツブヤキ

誤報のその後。

Excite エキサイト : 社会ニュース
ちょうどこの番組を見ていました。
確か番組の中盤まで来たときにこの、「訂正ニュース」が流れました。
キャスターが頭を下げるシーンを見ながら違和感を・・・。

誤報ニュースは確か、「番組冒頭」で報道されたはず。
訂正ニュースも実際の香港のデモを流しながら「冒頭」ですべきではないのか、と。

実はメディアの「誤報の訂正と謝罪」については、以前から違和感を感じていました。
きっかけは学生時代に通っていた英会話教室の教師との会話。
どのような会話の中での話だったかは忘れてしまいましたが、その教師いわく、「メディアの影響力と報道責任を考えれば訂正報道と謝罪は新聞等は一面、テレビ等は番組冒頭ですべき」。
この話を聞いたとき結構ショックでしたね、それまでの自分になかった考え方でしたから。
欧米でも「速報性」が優先されるんだなぁ、と感心したり・・・
その後の「誤報の訂正・謝罪ニュース」を見ていると、どのメディアも紙面の片隅や番組の中ほどでの訂正ばかり。
例外は、「松本サリン事件」の誤報ぐらいでしょうか。
(今日のニュースで「中吊り広告による名誉回復」が取り上げられていましたが、画期的ですね)

ライブドアのニッポン放送株取得の際に、ライブドアの「報道責任」の捉え方が批判的に取り上げられましたが、既存メディアはどうなのか。
「流しっぱなし」が多いメディアばかりの気がします。
要因はいろいろ考えられますが、ここでは割愛。

長々と書き連ねましたが、いいたいことは一つ。
古館さん、番組の反省会をしているなら一度議題にしてくださいよ。
[PR]
by wakas | 2005-04-21 10:24 | まじめなツブヤキ

実は身近なこと

Excite エキサイト : 芸能ニュース
だれでもガンにはなる可能性はあること。
いま、生きていることは決して当たり前ではないこと。

これは母の闘病を通じて感じたことです。

羽生さん、若いですね。
同世代だけに、より身近に感じます。
若いだけにガン細胞の活発な活動を抑えることが難しかったのでしょう。
一時的に元気になったように見えることがありますが、その反動は・・・
日に日に衰弱していく姿を見ながら看病する辛さは、なんとも言えないものです。

五十嵐さんも病状を承知の上で婚約をされたのでしょう。
察するに余りあります・・・

今はただ、ご冥福をお祈り致します。
[PR]
by wakas | 2005-02-26 00:45 | まじめなツブヤキ