ちょっと掘ってみようかな。


by wakas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:まじめなツブヤキ( 25 )

感謝を忘れない。

女性コラム - エキサイトニュース

この計画を知り、口座開設を待ちわびていた身としては少々複雑。
考え直したのは、あまりに一方的な情報が流れるコメ欄を見ていて、だろうか。
想像以上に日本が台湾に対して全く謝意を伝えていないと思っている人が多い。
この計画を報じたJ-castの記事が台湾→中国→日本とブーメランで戻ってきたら見事に編集されていた。
恐らくその記事を見た人たち多いのだろう。

実際のところ、日本の対応は台湾ではどのように受け止められているのか気になって調べてみた。
http://www.mofa.gov.tw/webapp/ct.asp?xItem=51784&ctNode=2238&mp=1
台湾外交部では好意的。(大人の対応)
ネットの中をグルグルしてみると、あちらでも賛否両論あるらしい。
それでもメディアに出てくる声は概ね好意的、か。
ならば、改めて有料の新聞広告を出す意味はあるのか。
方法は違えど、感謝の気持ちは届いているのに・・・。
この点が自分の中では消化しきれない。

交流協会のHPには日本からの感謝の声が掲載されている。
http://www.koryu.or.jp/ez3_contents.nsf/Top/794D57C25DF326F04925786A007A0721?OpenDocument
自由時報には日本人のサンドアーティストの記事が写真付で掲載されている。
http://www.libertytimes.com.tw/2011/new/apr/17/today-life7.htm
そしてyoutube(泣いた・・・)。
http://youtu.be/GAZZSaSR0Bc (台→日ver. http://youtu.be/eKduLvFwGGw)
発起人さんが新聞広告という方法を選択した理由も理解できる。
それでも、被災国である日本から200万余を費やして感謝広告。
現地の物価を考えると、決して安くはない。
逆の立場なら気持ちは嬉しいけれど、どこかに違和感が残る。
インタビューに答えている発起人さんのコメントの中にも若干の不安が。

感謝することは善。
発起人さんやご友人の行動力、尽力には頭が下がる。
ただ、時には相手に配慮が必要な感謝の仕方もあるように思う。(特に政府っ)
自分は自分なりに正しいと思う伝え方を探そう。
多謝 台湾。

しかし、事の発端である政府の対応(外務省というべきか)はイマイチ。
安保理+韓を優先する意味が理解できない。
感謝を伝える相手を選別し、しかも新聞広告と大使館が発表する内容が異なるってどういうこと?
支援を受けた国の全てに新聞広告を出せないなら、全ての在外公館で記者会見を開いてプレスリリースを出せばいいのではないか。
南相馬市市長、他の首長のようにyoutubeを利用して世界にメッセージを送ることもできる。
今の日本は良くも悪くも世界の注目の的。
どこのメディアも取り上げてくれるだろう。

それしても、大手メディアが触れないのはなぜなんだろうか。
[PR]
by wakas | 2011-04-23 03:55 | まじめなツブヤキ

職務放棄?

Excite エキサイト : 社会ニュース
【参照先】
http://dangun.iza.ne.jp/blog/entry/259270


栃木県弁護士会を見てみると同一人物ですね。
弁護士といえども、いろんな輩がいるものです。
もちろん、他の「士」も同様ですが。


容疑者と弁護士のやりとりなど子細は分かりかねますが、「殺人」等の容疑者の自殺を間接的に手助けした、ということでしょうか。
これで本人抜きに真相解明をしなければならない。


「死ぬ、死なないは人間の究極の尊厳。本人意思を尊重した」


この発言が本当なら、どこか浮世離れした思考を持っているのでは。
弁護士としてすべきことは、法廷にあったはず。

弁護士会にこの責任を問う声は上がるのでしょうか。
[PR]
by wakas | 2007-08-08 19:36 | まじめなツブヤキ

ニュースの寿命

Excite エキサイト : 社会ニュース

熱しやすく冷めやすいマスコミがいま夢中なのは「年金問題」。
今度のソースはいつまで続くのか。
公務員制度改革に手をつけ始めたタイミングで「巻き込まれた」安部首相。
前の方から貧乏クジを引かされたのか。


年金問題。
他の税金の無駄遣いと異なり、将来の生活を左右する制度の問題だけに国民の関心も高いらしい。


連日のように流れるニュースは職員の不祥事やら未照合数などなど。
相も変わらずの集中報道。


まぁ、それも大切なことなんだろうけど、正直どうでもいい。
報道が組織や人にフォーカスするあまり、政府の対応もひきづられ・・・。

本当にメスを入れなきゃいけないのは、そこなのか。
「100年安心プラン」・・・大丈夫ですか。
もしかしたら、世代間扶助を基にした制度そのものに問題があるのでは?
出生率を読み違え続けている厚労省、大丈夫なのか。
保険料徴収率を上げるために免除対象を広げた分、免除された保険料は誰が負担するのか。

経過措置だらけの年金法。
これだけ国民生活に密接に関わる制度にも関わらず、国民に理解されているとは言いがたい。
そろそろ制度自体の是非を真剣に問うてみるべきではないのか。

一部マスコミが、雇用保険でも・・・的な報道をしたようですが、事実関係を確認していれば報道する価値の有無が判断できたはず。
どさくさに紛れてなんでも流せばいいというものではないだろうに、TBS。
[PR]
by wakas | 2007-07-08 21:10 | まじめなツブヤキ

疑問

Excite エキサイト : 社会ニュース

「育てられないので・・・」などと綴ったメモが添えられていたとかどうとか。


生後数ヶ月・・・。


育てられるかどうかって、産んでみないと分からないものなんだろうか。
[PR]
by wakas | 2007-06-16 23:31 | まじめなツブヤキ

memo

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。
[PR]
by wakas | 2007-05-15 02:05 | まじめなツブヤキ

ナンバープレート

飲酒運転の取り締まりが厳しくなっている今日この頃。

気になっているのが、ナンバープレートを細工している輩。
思うんだけれど、これって何かあったら「逃げます」って宣言してるようなものではないかと。
ある種の「予備軍」でしょうね。
先日はプレートが真っ黒で、逆に目立っている車もいたり。

こちらの取り締まりも強化して欲しいものです。
[PR]
by wakas | 2007-01-05 02:02 | まじめなツブヤキ

子捨て箱

Excite エキサイト : 社会ニュース

どんなに優しいネーミングにしても現実は変わらない訳で。
中絶を認めないという宗教上の立場からの発想(欧米でも導入国あり)なんでしょうね。

先日の会見でどのようなことが語られたのかは分からないので、この数行の記事から思うことを少し。

コインロッカーやトイレに捨てられる乳児がいる現実から考えれば「あり」かもしれない。
(乳児らのその後の人生を考えれば、安易に少子化云々を理由にはできない)
ただ、これが一般化されることにはさすがに抵抗を覚える。
全国各地に導入されるようになるとすれば、やはりこの国はどこかおかしい。

捨て子に至る経緯の全てを否定はしないけれど(http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/07/h0722-2.html)、他者に我が子を委ねるのであれば、一度くらいは親らしい姿を見せるべきかと思う。
そもそも「親」と自覚できていれば、このような話にはならないんだろうけれど。
恐らく病院側は日常の活動を通して、有人の窓口が育児放棄者にとって、どれだけ高いハードルになっているかを感じていたのかもしれない。

この箱は子捨てを助長するのか、命の救済か。
どちらも正しいのでしょう。
箱の有無に関わらず、捨てる人は今後も捨てる。
無計画でしょうから、妊娠してから産後の選択肢を考える。
その時の受け皿として。

ただし、安易な利用を防止するための教育は必要でしょうね。
そして恐らくタブーだとは思うけれど、妊娠時から育児の意思がない場合には「中絶」という選択をできる環境があってもよいと思う。


なんで「熊本」なんだろう。
[PR]
by wakas | 2006-12-18 00:43 | まじめなツブヤキ

観にいくだろうな。

Excite エキサイト : 芸能ニュース

インプレでは細かな指摘が散見するようですが、「ハリウッド」が作った「映画」と納得していればよいのではないかと。
エンドロールで自分が何を思うのか。
日本映画ではないことに寂しさを感じるものの、ハリウッドだから描けたこともあるのかもしれない。

以前に見た、NHKが制作した硫黄島からの生還者の証言を集めたドキュメンタリー番組。
彼らの口から語られる硫黄島での戦闘は、あまりにも生生しく、名前だけでしかしらなかった戦地の現実にショックを受けたことを覚えている。
1,000名余りの生還者のうち、現在ご存命の方は20名余り。
その中のお一人が、後世に語り継ぐべく自主出版の準備を進めておられるのだとか。
周囲に戦中世代がいる方は当時の暮らしなどどうだったのか、聞いてみてはどうだろう。
私は昨年祖母と話して、自分の住む田舎町にも空襲があったことを知り驚いた記憶があります。

日本とアメリカが戦った事実を知らない人もいるという現代。
このまま何十年も過ぎ戦中の体験を語る人が身の回りから姿を消した時、可不可は別として硫黄島をリゾート開発しようと考える日本人が出て来ても不思議ではないような気がする。
[PR]
by wakas | 2006-12-11 01:19 | まじめなツブヤキ

責任は誰が。

Excite エキサイト : 社会ニュース

残念なニュースが続いていますが、思うところを少しだけ。

どうも一連の責任を学校に押し付ける流れがあるようです。
責任が分散しているが故に、混乱しているかのよう。
岐阜では加害生徒の「保護者」の謝罪を女子生徒の保護者が受け入れたのだとか。
これで自殺に追い込んだ生徒達は無罪放免、でしょうか。
福岡では以前と同様のいじめが繰り返されているらしい。

学校関係者(元を辿れば文科省といえるかも)にももちろん責任はある。
学校で起こるいじめの監督責任、責任逃れとも思える事後対応。

ただ、最も責められるべきは「加害生徒」であるはずではないでしょうか。
(福岡では保護者が学校関係者に罵声を浴びせる場面がくり返し報道されましたが、「きっかけ」と「実際のいじめ行為」の責任は分けて考えられるべきでしょう)
いじめた生徒の行為は「自らは手を下さない殺人」です。
彼らがその後も他の生徒達と登校し、いじめの責任を詫びる学校関係者達の話を聴く。
これでいいのか。
マスコミは加害者家族への取材は自粛していたのでしょうか。

そして今回は女子生徒の保護者にも責任はあると考えます。
学校任せにせず、直接加害生徒宅に乗り込んで解決を図ってもよかったはず。
実際にどのような対応をされていたのかは推測の域を出るものではありませんが、地方特有の閉鎖的な社会が、その妨げになったのかもしれません。

責任を学校だけに求めていては、解決することはないでしょう。
いじめ、なくならないものなのでしょうか。


参:いじめの授業
http://www2.ocn.ne.jp/~boss/doutoku2/izime2.htm
[PR]
by wakas | 2006-11-06 20:19 | まじめなツブヤキ

おれは大丈夫。

Excite エキサイト : 社会ニュース

飲酒運転をする人がいいそうな言葉。(女性も含む)
「酔ってないから、運転がうまいから、今まで事故を起こしていないから」という意味かと思いますが、そんな自信を持ち合わせていない私には飲酒運転はできません。
常々公言しているので馴染みのお店の方からも珍しいお酒が入っても勧められることもなく。

素面の時に考えてみれば、飲酒運転は失うものは大きすぎてできないはず。
最低でも免停、免取+数十万の罰金。
就業規則によっては「解雇」もありえる。
解雇を免れても仕事ができないために離職、という話もあります。
今回のように第三者を巻き込んだら、人生が変わります。
お酒の酔いは覚めても、この悪夢は一生覚めることはない。

それでも居酒屋等には駐車場がある。
そこに次々と滑り込む車。
ノーチェックで出てくる酒。
(今回はお店の責任は問われるのだろうか)
予備軍はいる訳です。
「たまたま」表見しないだけで。
明日、加害者または被害者にならない保証はどこにもない。

我が子を車外に出すために4度潜ったという母。
4度目の潜水で諦めざるを得なかった時の母の気持ちを、容疑者等は思い量ることができるのか。
[PR]
by wakas | 2006-08-28 17:06 | まじめなツブヤキ