ちょっと掘ってみようかな。


by wakas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

呉越同舟

Excite エキサイト : スポーツニュース

正直、いずれはあるだろうと思っていたものの、意外と早くてびっくり。

まず国技を名乗る競技が未だに過去に囚われ国内統一組織がない事実。
(全日本野球会議なるユルユル組織はあるが、オリンピック公式競技から外れたのだからNPBにとっては今後積極的に関わる意味がないだろう)
プロにも日本を代表して出場するWBCがある今となっては滑稽でしかない。

田沢問題、問題というべきことかどうかも疑問だが。
バレンタイン監督とほぼ同意見。

どうもNPBはまたもやその場しのぎの解決方法を探るようだが、それでは何も解決しない。
問題は観客だけでなく、選手にとっても日本野球よりメジャーが魅力的に見えているということ。
球界再編以後、遅々として進まぬドラフト制度、FA制度といった球界改革をすすめるべきだろう。
戦力の均衡を目指すのであれば、FA制度と指名権をリンクさせた完全ウェーバー制のドラフトの実施や、球団数を増加させた上でのプレーオフ制度の再検討、外国人枠の撤廃、職業コミッショナーの選任と権限付与など議論の余地はいくらでもある。
長年、鎖国状態であったNPBは今後世界を視野に入れた策を練らなければ、MLBの下部組織に成り下がるだろう。
日本の球団が北米の有力選手を指名しても当然のように拒否されるのではないか。
なぜか。

NPB内の問題とは別に、プロとアマという組織の問題もある。
サッカーのような垂直型の組織は、球界が世界を見据えた目標を掲げ、本気で実現しようとするのであれば必ず必要。
いつまでも組織間の主張がぶつかり合うだけでなく、組織内でも一部団体が発言力を持つようでは、大きな変革は期待できず人材の流出、競技としての地位も沈下してゆくだろう。

これは終わりの始まり、なのかもしれない。
[PR]
by wakas | 2008-09-12 22:50 | スポーツなツブヤキ