ちょっと掘ってみようかな。


by wakas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

子捨て箱

Excite エキサイト : 社会ニュース

どんなに優しいネーミングにしても現実は変わらない訳で。
中絶を認めないという宗教上の立場からの発想(欧米でも導入国あり)なんでしょうね。

先日の会見でどのようなことが語られたのかは分からないので、この数行の記事から思うことを少し。

コインロッカーやトイレに捨てられる乳児がいる現実から考えれば「あり」かもしれない。
(乳児らのその後の人生を考えれば、安易に少子化云々を理由にはできない)
ただ、これが一般化されることにはさすがに抵抗を覚える。
全国各地に導入されるようになるとすれば、やはりこの国はどこかおかしい。

捨て子に至る経緯の全てを否定はしないけれど(http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/07/h0722-2.html)、他者に我が子を委ねるのであれば、一度くらいは親らしい姿を見せるべきかと思う。
そもそも「親」と自覚できていれば、このような話にはならないんだろうけれど。
恐らく病院側は日常の活動を通して、有人の窓口が育児放棄者にとって、どれだけ高いハードルになっているかを感じていたのかもしれない。

この箱は子捨てを助長するのか、命の救済か。
どちらも正しいのでしょう。
箱の有無に関わらず、捨てる人は今後も捨てる。
無計画でしょうから、妊娠してから産後の選択肢を考える。
その時の受け皿として。

ただし、安易な利用を防止するための教育は必要でしょうね。
そして恐らくタブーだとは思うけれど、妊娠時から育児の意思がない場合には「中絶」という選択をできる環境があってもよいと思う。


なんで「熊本」なんだろう。
[PR]
by wakas | 2006-12-18 00:43 | まじめなツブヤキ