ちょっと掘ってみようかな。


by wakas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

三者三様

Excite エキサイト : 社会ニュース

提訴に至るまでには原告・被告・会社、いろいろなやり取りがあったんでしょうね。
その全容が明らかになって分かることもあるでしょうが。

なんとなく3者に違和感を。

まず原告。
提訴までの経緯はまぁよしとしても「慰謝料」と「謝罪文」というのは・・・。
精神的苦痛というは金銭で相殺されるものではないのかな。
著名人間では珍しくないことなんでしょうが、どうもしっくりこない。
公になっていなかったことを公に謝罪させる、というのは・・・?

そして被告。
工賃で揉めていたようですが、交渉したいならさっさと上司を呼べばよいのに、と。
ただ文句を言いたいだけならパチ屋の入り口でだれか捕まえていいなさい。
大阪なんだし、名刺にハングルが載っていても目くじら立てることでもないだろうに。

最後に会社。
今回の訴因は指揮命令下で発生しているとはいえ、個人としての訴訟である以上は訴訟費用の負担・裁判に参加する時間を有給とみなす等は、任意なはず。
邪推でしかないけれど、原告に押し切られる「なにか」があったのかな。
少なくとも社員にとっては有難い前例になったことでしょう。
[PR]
by wakas | 2006-07-31 21:40 | きままなツブヤキ