ちょっと掘ってみようかな。


by wakas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

やっぱり野球はおもしろい。

Excite エキサイト : スポーツニュース

例年ならオープン戦を淡々と見ている時期に、まさかこれだけ盛り上がれるとは。
野球好きには、堪らない春です。
個人的には「3位決定戦」があっても良いのでは、と思うのですがどうでしょう。

試合はチラ見をしていたのですが、振り抜いてくるキューバ打線には点差以上の迫力を感じましたね。
初回のキューバ先発ロメロの後ラゾが(登板間隔制限のため不可)投入されていたら、3回裏無死2塁でのパレットへの微妙な判定(結果三振)、あの1球がボールだったら・・・試合の流れがどちらに傾いていたか分からなかったでしょう。
キューバをアマ野球王者と称しますが、メジャーリーガーの兵がひしめく「カリブリーグ」を勝ち抜いてきた実力こそ「本物」と認めるべきでしょう。
そして、そのキューバを上回った日本代表も確かに強かった。

これまで王監督への采配に疑問を呈してきましたが、監督自身がやはり初めての国際大会の重圧は想像以上だったと胸の内を吐露しておられました。
きっと準決勝の前日は眠れなかったのではないでしょうか。
この夜の王監督の決断を山際淳司さんに描いてもらいたいなぁ・・・。

「一発勝負なのだから、やらないよりはやった方がいい」
その開き直りが準決勝以降の思い切りの良い選手起用に結びついたようです。
(不動としていた1番イチローを3番で起用など)
正攻法の策をとる監督という印象が強い王監督にしては、「大胆」な采配。
それが結果に結びつくのは、さすがとしかいいようがない。
今年のホークスには期待できるのではないでしょうか。(笑)

週末からはいよいよシーズン開幕。
個人的には「強力打線」から「スモールベースボール」への過渡期にあたるホークスと理論野球が浸透中?野村イーグルス、初陣ブラウンカープ(ケガと選手層が薄さを克服できれば面白い存在では?)が気になります。
今年の「野球」もおもしろそうです。

※馬原・久保田が少々可愛そうだったかな。
[PR]
by wakas | 2006-03-21 19:08 | スポーツなツブヤキ