ちょっと掘ってみようかな。


by wakas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

王監督が目指す日本の野球の姿

Excite エキサイト : スポーツニュース

すっかり野球ブログです。
まさかここまで盛り上がるとは、注目度の高さでは大成功ではないでしょうか、WBC。

「日本の野球を世界に・・・」という王監督の言葉は頼もしい限りですが、王監督の指す日本の野球が未だ見えてこないような気がするのは私だけでしょうか。
「スモールベースボール」が理想とされていますが、今の日本代表の打撃陣の顔ぶれを見るとどこかホークスっぽい?

準決勝の韓国とは3度目の対戦。
もちろん勝って欲しいですが、これまで1点を争う投手戦であったことから、先発投手が崩れなければ明日も投手戦が予想されます。
日本は中継陣に不安を抱える状況のため、「3点」は欲しいところ。

私なりに予想(希望)をしてみようかと。

まず先発メンバー。
さすがの王監督も今回は動かざるを得ません。
岩村→今江 
くらいはあるでしょう。
加えて、個人的には・・・。
福留→青木 
多村→金城
も代えたいところです。
小笠原選手のサードより今江選手の方が守備の不安は少ない。
一発勝負の試合に守備の不安要素は少ないにこしたことはないでしょう。
どこかのタイミングで
松中→和田(起用したくてもできないようですね・・・残念)
も考えたい。

そして韓国攻略方法。
韓国先発ソ・ジェウン投手は日本戦初登板、今大会9イニングを投げ防御率1.00。
変化球で抑える技巧派投手のようです。
容易に打ち崩せないでしょう。
日本にはぜひ「ズルイ野球」をみせて欲しいところです。
ファールや変化球の見極めによるカウントの最大限活用、セーフティ等による心理的な揺さぶりなど、投手を攻略するのにヒットが全てではない。
球数制限をうまく利用して次の投手を引っ張り出せば、「あれ・・・この投手、前にも対戦したような・・・」という幸運なデジャブに巡りあえるかもしれません。
3度目の対戦、唯一のメリットでしょうか。
王監督にズルさがあれば・・・。

勝負は「継投」に懸かるといっても過言ではありません。
韓国代表監督は「ゲームは投手が決める」という考えを持つからこそ、相手が投手に慣れる前に積極的な継投策をとり結果を出しています。
対する王監督・・・。
上原投手の交代時期に迷いそうです。
再び緊迫した場面で藤川投手・清水投手を起用する可能性がありますが、リスクが高すぎます。
マウンド慣れしている大塚投手の起用がポイントになるのではないでしょうか。

渦中の審判が明日は2塁塁審だとか。
両国は拒否しても許されるのでは?
他にも代替審判はいるでしょうから。
[PR]
by wakas | 2006-03-18 21:52 | スポーツなツブヤキ