ちょっと掘ってみようかな。


by wakas
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

明日はいよいよ天王山。

Excite エキサイト : スポーツニュース

打撃戦の予想が外れ投手戦。
遂に5戦にもつれ込みます。
数々の難があるプレーオフですが、最後の最後で見応えのある1戦が待ち受けています。

マリーンズは負けはしたものの、連投続きの中継ぎ陣を温存することが出来ました。
小林宏も後半は立ち直って締まった試合を作り、結果的にズレータのホームランしか許していない。
ホークスは3戦の勝利から打線が波に乗るかと思いきや、いまいち乗り切れていない。
逆にホークスの投手陣は中継ぎを中心に復調気味。
明日は杉内とセラフィニから中継ぎは総動員でしょう。
1本のホームランがゲームを左右するかもしれません。
有利なのズレータが復調したホークスか。
それとも・・・。
マリーンズは小坂の抜けた穴が大きいですね。
今日は2番堀のままよかった気がします。
いずれにしても対戦成績は12勝12敗、ドームでの対戦も5勝5敗。
そしてプレーオフも2勝2敗。
明日はまさにシーズン最後の決戦です。

フリオといえば、フランコ。(第一次バレンタイン監督時代の)
来年も現役なのでしょうか。(笑)


以前から気になっていることが一つ。
それは、ホークスファンの決して良いとはいえない応援マナーです。
マリーンズと対戦しているだけに際立ちます。
3回戦でのグランドへの投げ込み。(全国放送でなくて良かった)
今回もバレンタイン監督の抗議に対する「帰れ」コール。
福岡に行くとドームに足をよく伸ばすのですが、野球人気の低下が危惧される中、ホークスの地域密着度の高さは本当に素晴らしい。
球団の営業努力の賜物です。
熱心なファンが多い反面、熱心なあまり方向を誤ってしまうこともあるようです。
先日も、「スーパーボックス」で観戦中の家族がいたのですが、小学生の子供の野次が周囲を不快にさせる程ひどいものでした。相手チームの選手の人格を踏みにじるような罵声を叫び続けるのに、父親と思われる大人は笑うばかりで注意することもありませんでした。
一部のファンの行為ですが、出来れば目にしたくないものばかりです。

どちらのチームが甲子園にいこうとも、阪神ファンにパ・ファンのマナーの良さを見せ付けてきて欲しいものです。
[PR]
by wakas | 2005-10-16 22:09 | スポーツなツブヤキ