ちょっと掘ってみようかな。


by wakas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最高齢監督誕生?

Excite エキサイト : スポーツニュース

恐らく次期監督も複数年契約になるのでしょう。
実質単年契約の更新でしょうけれど。

いくつか心配事が。
まず、野村監督の健康状態。
北海道から福岡まで(交流戦含む)シーズン中の移動だけでなく、監督という職は激務といわれます。
移動に関しては阪神時代よりもハードです。
激務ゆえに身体を壊し職を辞した監督は少なくありません。
仰木さんや星野さん、堀内さんも?
1年以上持つのでしょうか。

そして、田尾前監督が苦慮したオーナーとの関係。
今回の騒動を通して、オーナーのワンマンぶりと楽天球団のフロントの無力さが露呈されました。
田尾前監督と同様に、野村さんも戦力補充をシーズンを通して訴えていかねばなりません。
オーナーがどこまで付き合ってくれるのか。
人間的にも、三木谷さんと野村さんがうまくいくようにも思えないのですが・・・

野村さんの「つぶやき」。
監督としての手腕は誰しも認めるところです。(阪神では優勝チームの土台を築いたといっても過言ではない)
ただ、選手を褒めることが少ない監督という印象があるのは私だけでしょうか。
ヤクルト時代は、それでも付いてくる選手がいたかもしれませんが、時代は変わりました。
堀内監督と落合監督の違いです。
今は褒めて育てる(選手の失敗を背負う)時代なのかもしれません。
これは、間に入るコーチ次第といもいえる。

いずれにしてもいえるのは、田尾前監督の解任により野村氏、楽天球団が負うことになったリスクは、自らが思う以上に大きかったということ。
下手をすると、かつての阪神のように長期の土台作りに陥ることになりかねない。

因みに、私が推薦するのは権藤元横浜監督です。
[PR]
by wakas | 2005-09-27 23:27 | スポーツなツブヤキ