ちょっと掘ってみようかな。


by wakas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

青学の入試問題和訳

話題となっていた試験問題がどんなものか見てみたかったのですが、アドバイスを頂き探してみました。(最初からネットで探せばよかった・・・ガックリ)
丁寧な和訳を載せておられる方のブログを見つけましたので初TB。
(と思ったらTBできてなかった・・・)
原文も見つけたのでまだご覧になられていない方はどうぞ。


なるほど、全文を読むと試験問題を離れても考えさせられる文章ですね。
「退屈」という言葉から否定的なイメージがありましたが、そうとも言い切れない。
「言葉」を操るマスコミの皆さんにも一読の価値はあるかと。
原文を読んで感じることは人それぞれだとは思いますが、私は「部分的に」試験問題としては違和感を持ちました。
あくまでも「個人的な感想文」としては興味深いですが。

やはり原文のうち、「退屈云々」を述べている部分については、試験問題としては表現を編集した方がよかった気します。
生徒に「ひめゆりの語り部の話」=「話し慣れていて退屈」=「語り部に対する否定的なイメージ」が残ってしまうから。
後半部分で「語り部の話が無意味だったとは言わない」とフォローしてますが、弱い。
この部分を「設問」で問うていますが、「話し方が・・・」が正解というのでは設問として稚拙な印象を受けます。

ただし、中学生当時の私がこの試験を受けていたとして、設題の中の一部に疑問を感じるかどうかは別問題です。「全文で伝えたいメッセージ」の方が強く、誰かに指摘をされるまで気付かないでしょうね。

それにしても「伝える」って本当に難しいですね。
[PR]
by wakas | 2005-06-17 13:03 | まじめなツブヤキ