ちょっと掘ってみようかな。


by wakas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

本気のWBC

Excite エキサイト : コラムニュース

一部のコアな野球ファンの声と分かっていても、なんだかホッとする。
なぜなら、野球という競技では「世界」=「アメリカ」という現実があるから。
サッカーでいう世界とは異なる。
どうも日本だけでなく、韓国のメディアもそれを忘れたかのような報道っぷりが気になって仕方がないのだけれど。
それでも、日米野球なんていうまやかしではなく、日本のプロ野球選手がガチで世界と戦う
舞台ができたことが嬉しくて堪らない。
いや、堪らなかった・・・舞台裏を知るまでは。

まず、WBCの主催はMLBおよび選手会。
国際組織であるIBAFが開催するワールドカップとは異なる。
そして日本の興行権はNPBではなく、一メディアの読売新聞社。
んなあほな・・・。
真の世界一を決めるのであれば、ワールドカップと統合したら手っ取り早いだろうに、と思うもののそこは大人の事情が。

とはいえ、まだ2回目。
3回目に向けて出場国数の拡大を進めるらしい。
サッカーのワールカップも黎明期は課題が山積していたのだから、イベントの将来性としては楽しみではある。
が、いつまでも局地的(特に日韓)な盛り上がりだけでは、局地的な盛り上がりさえ長くは続かないだろう。
一過性で終わらせないためには、「世界」の盛り上がりが欠かせない。

幸か不幸か野球にとっての世界(MLBだけでなく正確にはNFL,NBAなども含め)は、一国で完結している。
そのため、ワールドシリーズに関心が集まることがあってもWBCはメジャーリーガーの国別オープン戦扱い。
確かにWBC参加選手の多くがメジャーリーガーであることを考えれば、どこが優勝してもさしてアメリカ国内に驚きはないだろう。
キューバやベネズエラが優勝し、元首がアメリカを刺激すれば少しは異なる展開もあるかもしれないが。
現実は、世界一を決めた国でさえMLBを目指す選手が続いているということ。
人材の一極集中化とでもいうべきか。
東京と田舎の関係みたいなものなのかもしれない。
アメリカにとってはMLBは世界の一流プレーヤーがおらが街のユニフォームに袖を通してプレーしている日常の世界。
この時期に、プレーヤーが普段と違うユニフォームに袖を通していようが、興味が湧かないのも無理はないのかもしれない。

確かに日本はWBC連覇を成し遂げた。
が、世界に冠たるメジャー選手の多くのプレーには驚嘆するほどのキレはあまり見られなった。
開催時期、ケガの補償に起因する特別ルール、オープン戦のような雰囲気など原因は様々だろう。
ただ、メジャー選手たちが本気でぶつかり合う姿を期待していただけに、複雑な心境でもある。

ふと思う。
参加国数が問題なのではなく、MLBと選手会が本気になればそれでいいのではないか、と。
彼らの本気度合いを量るのは、開催時期。
毎年開催されるオールスターゲームを4年に1度吹っ飛ばしてWBCを開催するようになれば、あらゆる意味で世界一を決める舞台といえるだろう。
そのためにオーナー連中と選手会が納得できるだけの旨味のある話がないと・・・カネですね。
放映権料と広告料、その他ライセンス料など、前年に予選を組み込むなど仕掛け次第では急騰必至かと。
WBCというコンテンツが利害関係者(MLB、選手会、スポンサー、メディア)にとってレギュラーシーズン1ヶ月分に見合う、もしくはそれ以上の実をつけると見込めれば・・・。


眠いので続きはいづれ・・・
[PR]
by wakas | 2009-03-27 04:02 | スポーツなツブヤキ